“へいげい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
睥睨99.1%
脾睨0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時によると、主人でも叱り付けるという勢いであるから、この金蔵老人に睥睨されると、大抵のものは縮み上がってしまうのである。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
握った丸太はいつも上段で、じっと敵を睥睨した。静かなること水の如く、動かざること山の如しといおうか、ほどの微動もない。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
声を大にし四方を脾睨して呼ぶ。海帯がコンブであるゾヨ! 昆布がワカメであるゾヨ! 海帯はアラメでないゾヨ! 裙帯菜はワカメでないゾヨ!
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)