“竹法螺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たけぼら93.3%
たけほら6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここはワシントンの白堊館の地下十二階であった。その一室の中で大統領ルーズベルトのひびのはいった竹法螺のような声がする。
(風呂が沸いた)で竹法螺吹くも同然だが、へ上って、箱根の山のどてっぱらへ手がると、もう、な、江戸の鼓が響くから
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
突然竹法螺のような声を放って、誰にいうともなく
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)