“法螺丸”の読み方と例文
読み方割合
ほらまる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女は当代の名物女とゆるされた故「喜楽」の女将おきんであった。男は政界の名物法螺丸綽名をよばれた、杉山茂丸という人である。
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
世人はだから彼を綽名して法螺丸という。しかし一旦、彼に接して、彼の生活に深入りしてみると、その両戦役前後に於ける朝野の巨頭連は皆、彼の深交があった事がわかる。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)