“法螺大王”の読み方と例文
読み方割合
ほらだいおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一寸待ったAさん。君の話は面白いが、何だか落語か法螺大王の話をきいているような気がする。Aさん、怒っちゃいけないよ——君は本当に正気で言ってるのかい。」
十年後のラジオ界 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)