“法螺熊”の読み方と例文
読み方割合
ほらくま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼はよほど粗忽かしい男で、ときどきに飛んでもない間違いや出鱈目を報告するので、湯屋熊のほかに、法螺熊という名誉の異名を頭に戴いていた。
半七捕物帳:04 湯屋の二階 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)