“駄法螺”の読み方と例文
読み方割合
だぼら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
川中島の合戦のごとき、今日の歴史家が或いは小幡勘兵衛の駄法螺だろうと考えている物語までを、事も細かに叙述するを常とした。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
こういう人物の習いとして、苦しい懸け引きの必要上、大仰駄法螺を吹いたこともあった。他人に対して誠意を欠くこともあった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
先日の話は嬉しがらせの駄法螺だろう。常識で考えてみても分かるが、あの狂暴な羆がちょいとのことで、君らの手に入らないのは知れている。
香熊 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)