“大法螺吹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおぼらふ33.3%
おおぼらふき33.3%
おほぼらふき33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大抵の人は「まさかそんなことが」と頭から相手にしない。私が大法螺吹きか何ぞの様にう。私の白頭と、妻の傷痕という、れっきとした証拠物があるにも拘らず、人々は信用しない。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
父親の弥助も、武家の娘を畳屋の嫁にするつもりですっかり夢中になって、あの大里玄十郎が大法螺吹の山師だとは気がつかなかったんだ
父親の彌助も、武家の娘を疊屋の嫁にする積りですつかり夢中になつて、あの大里玄十郎が大法螺吹の山師だとは氣がつかなかつたんだ