“法螺吹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほらふ58.3%
ほらふき41.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
知己の者はこの男の事を種々に評判する。は「懶惰だ」ト云い、或は「鉄面皮だ」ト云い、或は「自惚だ」ト云い、或は「法螺吹きだ」と云う。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
すべての周旋屋に共通な法螺吹きであると云う真相をよく自覚していると云う意味なんだから、いくら知ってたって自慢にならないのは無論である。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼は暴力の法螺吹だった。中流人の卑怯さを見通していて、実際以上に強がったふうをしながら、中流人を脅かす真似事をしていた。
「迷亭はあの時分から法螺吹だったな」と主人は羊羹を食いって再び二人の話の中に割り込んで来る。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)