鞄らしくない鞄かばんらしくないかばん
事件引継簿 或る冬の朝のことであった。 重い鉄材とセメントのブロックである警視庁の建物は、昨夜来の寒波のためにすっかり冷え切っていて、早登庁の課員の靴の裏にうってつけてある鋲が床にぴったり凍りついてしまって、無理に放せば氷を踏んだときのよう …
作品に特徴的な語句
せい おわり かむ うま そま 対照たいしよう 探究たんきゅう おびやか 憂慮ゆうりょ はず むな かい どま たし もと そん かご ゆわ はず グラム 空虚くうきょ くう はい 先刻せんこく たく こお いっ きわ おり はず 只々ただただ かか ぼう 容易ようい おぼ うば つかま 誘拐ゆうかい てい 執念しゅうねん 足下そっか しゃが かた から 喚起かんき 秋草あきくさ しゅう そその さら うな 更紗サラサ まき 名乗なの 吊下つりさ めし なげう てい しま おぼ 激昂げきこう 両人りょうにん 風評ふうひょう ふう 腹掛はらかけ かか えき 消息しょうそく なま かつ 羅紗ラシャ 戸締とじま くさ あや 臭気しゅうき こと 繊細せんさい 火災かさい あつか ぬす 一瞬いっしゅん うなず