“たにし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
田螺98.5%
1.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時が来ると、田螺たにしも鳴く事を知つてゐる連歌師は、目つかちの殿様が歌をむといつても格別不思議には思はなかつた。
おつぎは麥藁むぎわら田螺たにしのやうなかたちよぢれたかごつくつてそれを與吉よきちたせた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
三枚ばかり附木つけぎの表へ、(ひとくみ)も仮名で書き、(二せん)も仮名で記して、前に並べて、きざ柿の熟したのが、こつこつと揃ったような、昔はたにしが尼になる、これは紅茸べにたけさとりを開いて、ころりと参った張子はりこ達磨だるま
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)