“細鱗”の読み方と例文
読み方割合
さいりん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
和尚の学語編にはの字を出されたり、はあさぢと也。字書にはは大口細鱗とあれば鮏にるゐせるならん。字彙にはの本字にて魚臭といふ字也といへり。
色は一刷毛紺青を平らに流したる所々に、しろかねの細鱗を畳んでやかに動いている。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「飛ばせ」とシーワルドはウィリアムを顧みて云う。並ぶの間から鼻嵐が立って、二つの甲が、月下に細鱗の如く秋の日を射返す。「飛ばせ」とシーワルドがを半ば馬の太腹に蹴込む。
幻影の盾 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)