“わめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ワメ
語句割合
95.2%
2.5%
叫喚0.8%
0.8%
0.5%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
生きながら? 私は血だらけな妻の手を握ったまま、また何かきました。と、妻もまた繰返して、「あなた。」と一言申しました。
疑惑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ゾオラが偶々醜悪のまゝをせば青筋出して不道徳文書なりとく事さりとは野暮りに業々しき振舞なり。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
ト大声を揚げさせての騒動、ドタバタと云う足音も聞えた、オホホホと云う笑声も聞えた、お勢のりに「引掻ておりよ、引掻て」ト叫喚く声もまた聞えた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
咄嗟を天に叫び、地にき、流にえ、巌に狂へる貫一は、血走るに水を射て、此処彼処水屑むれば、浮木芥の類とも見えざる物の、十間ばかり彼方を揉みに揉んで
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
雲がむくむくき出す
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)