“しゃく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シャク
語句割合
59.8%
16.5%
8.6%
5.4%
2.3%
1.7%
1.2%
雛妓0.7%
0.6%
0.6%
歔欷0.3%
0.3%
0.3%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
半玉0.1%
0.1%
吃逆0.1%
0.1%
0.1%
欷歔0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「其の損得という奴が何時も人間を引廻すのがに障る。損得に引廻されぬ者のみであったなら世間はすらりと治まるであろうに。」
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
私は腕をのばして、長兄にも次兄にもおをした。私が兄たちに許されているのか、いないのか、もうそんな事は考えまいと思った。
故郷 (新字新仮名) / 太宰治(著)
見ると、間のが二ばかりいて、そこにKの黒い影が立っています。そうして彼の室にはの通りまだ燈火いているのです。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ときおり向うの庇の間から、頭の君と道綱とが小声で取交わしている話し声にって、に扇の打ちあたる音が微かに聞えてくる。
ほととぎす (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
大きいものは一るれば小さきものは一も容れ得ぬ。しかしいかになるも玩具にあらざる限りは、皆ひとかどの徳利と称する。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
おその上、四国遍路に出る、その一人が円髷で、一人が銀杏返だったのでありますと、私は立処を振って飛出したかも知れません。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
この度の娘の父は、さまでにもなけれども、小船一つで網を打つが、海月ほどにしょぼりと拡げて、泡にも足らぬ小魚をう。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そうするとそこにお雛妓がきまして舞うわけであります。それを見ていると美しい流れが流れてくる。可憐なものだという気がしてくる。そうしてこれは奴隷だ。
生活と一枚の宗教 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
あるいは何々にして市内市外に許多高甍宏閣えている人よりも以上の租税を払っている例すらある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
吾家にめ給ひてその巻物を披見せられ、仏前に引摂結縁し給ひて読経供養を賜はりし、裏庭に在りし大栴檀樹つて其の赤肉を選み
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
と、もうその時にはその人影、河とは反対、耕地の方へ投げられた石のように走っていた。眼にもとまらぬ早業で、しかも々たる余裕がなければ、到底出来ない芸当である。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
このRのくわしいちゅうを聞いてから、舞台を見ると、そこにはまた一層の味わいがあった。そして見れば見る程、益々深く百面相役者の妙技に感じた。
百面相役者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「こんどの歩騎総指揮官は、河東の名将、呼延賛の玄孫だ。左右両翼の将軍も名だたる人物。うかとはかかれん。先生には、まだご発言もないが」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あるいは輪をなし、あるいは波を描く。——林冲もいくたびとなく蛇矛をからめ取られんとした。しかし、にすれば、敵の蛇矛も息つくひまもないものだった。相互、炎の息となっている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お秋とお花とがびっくりしたように黙って泣き顔を視詰めているので、少しきまりが悪くなって応接間からテラスへ逃げて来て、まだしくしくとり上げながら
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
と云いながら、幸子は一層はっきりとり上げた。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
東京は絶対的に借金です、銭と中央から遠退くに従って相場が低下するのは自らその土地の文化の程度を示していて面白いですな
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
その面形のごとくんだの、眉毛の薄い、低い鼻に世の中を何とんだ、ちょっと度のかかった目金を懸けている名代の顔が、辻を曲って、三軒目の焼芋屋のされた時、背後から
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこをやめてから祖母と病身な叔母との暮しで「いっそお半玉になってしまおうと思う」と決心するほど窮迫した。
婦人と文学 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
娘はそういうとなおり泣いて、父の肩にかけた手にちからを込めて、抱きついた。が、眠元朗は娘がそう遣ったときから、忘失してしまったようにからだ全体に重々しいるい悲哀をかんじた。
みずうみ (新字新仮名) / 室生犀星(著)
さういふ物音がきこえるのである。多次郎はベソをかいてゐるらしいが、高く泣くのが恐ろしくて、変な工合に吃逆つたり、ウォンウォンと鈍く喚いたりしてゐる。
竹藪の家 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
厨川に近き家なり。土淵村の安倍家の四五町北、小烏瀬川河隈の址あり。八幡沢という。八幡太郎が陣屋というものこれなり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
弱いを長く裂いてゆくように泣き続けて、やがてるようになって消えたかと思うと、また物悲しそうに泣くを立てて欷歔り上げる泣き声が、いじらしくてたまらなく聞えます。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
シクリシクリとり上げ初めた。
近眼芸妓と迷宮事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
にあらず。無にあらず、動にあらず、にあらず、にあらず、にあらず……」その句も忍藻の身に似ている。
武蔵野 (新字新仮名) / 山田美妙(著)