百面相役者ひゃくめんそうやくしゃ
僕の書生時代の話しだから、随分古いことだ。年代などもハッキリしないが、何でも、日露戦争のすぐあとだったと思う。 その頃、僕は中学校を出て、さて、上の学校へ入りたいのだけれど、当時まだ僕の地方には高等学校もなし、そうかといって、東京へ出て勉強 …
作品に特徴的な語句
そう だい いい しょう しゃく げん じょう ふん がん ろう いで あわ はい うまれ 一言いちげん ちな あざ うしろ いん 使つかい かたよ 取敢とりあえ よば たくみ いま ゆびさ ふる 新仏にいぼとけ がら ため しま のう ほうむ せい ばか ちかづ へだた 一寸ちょっと 下野しもつけ うち しま 人肉じんにく もっ 仰天ぎょうてん 何等なんら 余程よほど 供養くよう 傍路わきみち わず ところ すなわ 合点がてん あじわ つち たま 境内けいだい ほか ごと 如何いか うち 工合ぐあい 市井しせい 幾多いくた ついで 座頭ざがしら あて 恰好かっこう あい 打驚うちおどろ 技神ぎしん 折柄おりから 是非ぜひ 曲者くせもの 替玉かえだま いま あん かん なげ この ゆが ほとん ごと 気焔きえん 沢山たくさん 泥溝どぶ 洟垂はなた 流石さすが 流行はや