“策略”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さくりゃく69.2%
さくりやく7.7%
はかりごと7.7%
ポリシイ7.7%
リュウズ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで皇后は、ちゃんとお策略をお立てになって、喪船を一そうお仕立てになり、お小さな天皇をその中へお乗せになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
娘筆が眞の下手人でない證據はまだ/\あるが、このくらゐにして置いても、明智の錢形親分ならわかるだらう。すぐ娘筆を許して、惡人の策略の裏を掻くが宜い。夢々私の言葉を疑ふまいぞ。
偶然にも弦月丸信號には頓着なく、ずん/″\と進航けため、策略れた海賊船は、手段らしつゝ、りに追及するのではあるまいか
『馬鹿な事を、醫者が重病人に對してああ云ふのは一種の策略だ。さう人間は生易しく死ぬものぢやない。大丈夫だ、己が保證する‥‥‥』
疑惑 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
G——が事実とうとう到達したあの確信——手紙が屋敷の内にないのだという確信を——与えようとする策略だと考えた。