“策応”の読み方と例文
読み方割合
さくおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いあいだ、なにかにつけてじぶんの前途をさまたげていた勝家自害し、かれと策応していた信長遺子神戸信孝勇猛佐久間盛政毛受勝介、みな討死してしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)