“策士”の読み方と例文
読み方割合
さくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしようお考えあそばせ、元来、徳川家には策士伝言多く、虚言浮説は戦国の常、にわかにそれをお信じなされるもいかがかとぞんじます
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いや、その点はどうも。……もっとも、かなり策士らしい面もありますから、それを思慮深いといえば格別ですが。」
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
その証拠には、御辺がこの伊丹に入ったまま帰らぬと聞くや、信長の感情はどう発したと思う。裏切者、策士、忘恩の徒と、口を極めて罵ったではないか。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)