“策戦”の読み方と例文
読み方割合
さくせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
事務長クーパーは、それからの策戦をどうしたものか考えだしたいとつとめた。
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
すると策戦はまんまと図にあたって、彼女はまっ赤になって語りつづけた。
或る探訪記者の話 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
海軍の策戦が図に当って、敵軍は稍疲れが見えるそうだ。しかし勝敗はまだどこへ行くとも判っていない。だが少くとも戸波博士を、ここ一二時間のに奪還できない限り、帝国の勝算は覚束ない
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)