“戦略”のいろいろな読み方と例文
旧字:戰略
読み方(ふりがな)割合
せんりゃく66.7%
タクチツク33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“戦略”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
社会科学 > 政治 > 政治史・事情3.3%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その戦略せんりゃくさえ公言こうげんしてはばからざるは
そ、その料簡りょうけんがいけねえんだ。はらにあろうがなかろうが、武士ぶし戦略せんりゃく坊主ぼうず方便ほうべんとき場合ばあいじゃ、ひと寝首ねくびをかくことさえあろうじゃねえか。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
彼れが横浜埋立事件を以て星氏を征伐せむとしたるは、猶ほ共和演説事件を以て尾崎氏を攻撃したる戦略タクチツクに同じ﹆其妙は構陥に巧みなるに在り﹆而も正々堂々たる勝敗は、決して斯くの如き戦略に依て定まることなきを奈何せむ。
明治人物月旦(抄) (新字旧仮名) / 鳥谷部春汀(著)