“策励”の読み方と例文
読み方割合
さくれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
己に内面からの衝動、本能の策励のあったのはに久しい事である。己は心が不安になって、本を読んでいるのに、目が徒らに文字を見て、心がその意義をねることの出来なくなることがあった。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)