“さくし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
策士50.0%
錯視33.3%
策師16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや、その点はどうも。……もっとも、かなり策士さくしらしい面もありますから、それを思慮深いといえば格別ですが。」
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
裏切者、策士さくし、忘恩の徒と、口を極めて罵ったではないか。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ゆるやかに地面が逆に巻きのぼってゆくような錯視さくしがおこる。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
少々せう/\怪我けがぐらゐはする覚悟かくごで、幻覚げんかく錯視さくしかとみづかあやしむ、そのみづいろどりに、一だんと、えだにのびて乗出のりだすと、あま奇麗きれいさに、くらんだのであらう。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いま考えると、なかなか策師さくしだったといえる。
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)