“さくし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
策士50.0%
錯視33.3%
策師16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや、その点はどうも。……もっとも、かなり策士らしい面もありますから、それを思慮深いといえば格別ですが。」
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
いや、こうと見ては、ひとに功名を誇らせてはいられない。崖の地表もまた這いよじる兵の色で塗りつぶされた。ゆるやかに地面が逆に巻きのぼってゆくような錯視がおこる。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だが、あたしはぞくぞくがった。いま考えると、なかなか策師だったといえる。江戸人の——いえ、当時の日本人の誰にも感じられる、な連想をもった、場処がらである。
旧聞日本橋:17 牢屋の原 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)