“錯視”の読み方と例文
読み方割合
さくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少々怪我ぐらゐはする覚悟で、幻覚錯視かとしむ、そのりに、一と、にのびて乗出すと、奇麗さに、んだのであらう。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いや、こうと見ては、ひとに功名を誇らせてはいられない。崖の地表もまた這いよじる兵の色で塗りつぶされた。ゆるやかに地面が逆に巻きのぼってゆくような錯視がおこる。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)