“喪船”の読み方と例文
読み方割合
もふね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
忍熊王は、その中の喪船には、兵たいたちが乗っていないはずなので、まずまっ先にその船を目がけておちかからせになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
それで皇后は、ちゃんとお策略をお立てになって、喪船を一そうお仕立てになり、お小さな天皇をその中へお乗せになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)