“人穴城”の読み方と例文
読み方割合
ひとあなじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「せっかく、人穴城の根もとまで押しよせたに、煙攻めのにかかって引ッ返すとは無念千……ああまたまっ黒に包んできおった」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なるほど、さすが信玄だけあって、その眼力はたしかだ。しかしわずか七十人や八十人の小勢をもって、人穴城がなんで落ちよう。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いよいよ、絶望とすれば、ふたたび、人穴城を攻めこころみて、散るか咲くかの、さいごの一戦! それよりほかはみちがない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)