“人穴落城”の読み方と例文
読み方割合
ひとあならくじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そばにいて、相槌を打ちながら、頭をさげた武士の容形、どこやら、見たようなと思うと、それもそのはず、人穴落城のときに、法師野までともに落ちてきて別れわかれになった軍師丹羽昌仙だ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)