“軍師”の読み方と例文
読み方割合
ぐんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
軍師民部は、きのうからのそとに床几をだして、ジッと裾野をみつめたまま、龍太郎のかえりを、いまかいまかと待ちかねていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「大きい聲は出せない、——同じことなら、祝言の盃としてはどうだ。まだ紫琴女には軍師が入り用だぜ」
名案はないかな——こゝへ、下町さんで、つい此間まで、震災のためにげてた……元來靜岡には親戚があつて、かな、軍師はれた。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)