“菫雨”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“菫雨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大正十三年十二月二十九日 同人、選者と共に。発行所に於て。会するもの、肋骨、楽堂、鼠骨そこつ、石鼎、温亭、宵曲、菫雨きんう、野鳥、青峰、為山、たけし、花蓑、秋桜子、一水。
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)