“含声”の読み方と例文
読み方割合
ふくみごえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今度ッからは、たとい私をおしでも、蝋燭の嘘を仰有るとほんとうに怨みますよ、と優しい含声で、ひそひそと申すんで。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
判然した優しい含声で、めた女が、八ツ口に手を掛ける、と口を添えて、袖着の糸をきりきりと裂いた、籠めたる心にめく黒髪、島田は、黄金の高彫した、輝くのごとくに見えた。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と頬張った含声
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)