“含味”の読み方と例文
読み方割合
がんみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、厚く褒美をやれと命じ、その覚束ない敵状資料をつぶさに含味して、何か、彼としては充分に、得るところはあったらしい。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また伊藤公にとりてはこの一言を含味しうるだけの素養がすでに胸中にあったから、その決心は一時の感情のごとく見えながら、しかもその実
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
剣法の示唆より、幾分か十兵衛の心懐を歌ったに近いが、含味してゆかしい趣のふかい歌だと思う。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)