“畝溝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あぜみぞ50.0%
うねみぞ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“畝溝”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その道は高低不規則な平原を横切っていて、しばしば畝溝あぜみぞのようになって丘の間をつきぬけているので、所々で峡谷をなしている。
それで畝溝うねみぞの間にできてる秩序を少し変えるような時には、自分は一隊の工夫を引連れた技師などに劣らぬ働きをするのだと思った。
彼のそばでは、畝溝うねみぞに橋をかけてる枯枝の上に一匹のありがはっている。