教育と文芸きょういくとぶんげい
私は思いがけなく前から当地の教育会の御招待を受けました。凡そ一カ月前に御通知がありましたが、私は、その時になって見なければ、出られるか出られぬか分らぬために、直にお答をすることが出来ませんでした。しかし、御懇切の御招待ですから義理にもと思い …
作品に特徴的な語句
おなじゅ 何事なにごとか ひとつ ともの まず あきらか わらい かん いつわり 如何どう ことな おこな こう ぜん とらわ おのれ ただ あい しん 何処いずこ 何所いずこ および いにしえ かた おおい 大家たいか きら たしか 昔時せきじ すぐ おこ ほうむ 超絶ちょうぜつ まよい かよ かさ 一遍いっぺん 不成ならざらん 世態せたい あらかじ 云々うんぬん 人心じんしん ほとけ 仏国ふつこく 何時いつ 光明こうみょう 其処そこ およ 出立しゅったつ つと いや 博物はくぶつ 吟味ぎんみ 吹聴ふいちょう 坊主ぼうず 大別たいべつ くわ 崇高すうこう 常規じょうき へい ゆる 怒髪どはつ 恥辱ちじょく ことごと さと 悪感おかん 情緒じょうしょ 感得かんとく 我儘わがまま いまし ある 戯曲ぎきょく 攷察こうさつ 日月じつげつ 有様ありさま 本家ほんけ なが 浅薄せんぱく 渇仰かつごう へい しか 片輪かたわ 独逸ドイツ 申述もうしの 畢竟ひっきょう さかん 相連あいつらな 節婦せっぷ すべ