“大別”の読み方と例文
読み方割合
たいべつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中津奥平藩士の数、大臣より帯刀の者とるものに至るまで、、千五百名。その身分役名を精細にてば百余級の多きに至れども、これを大別して二等に分つべし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
さて一方文学を攷察して見まするにこれを大別してローマンチシズム、ナチュラリズムの二種類とすることが出来る、前者は適当の訳字がないために私が作って浪漫主義として置きましたが
教育と文芸 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
博物館大別すると、美術歴史考古する品物陳列した博物館と、博物理科方面品物めた科學博物館つの種類區別せられることはにもべたとほりでありますが
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)