“銀座通”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎんざどお40.0%
ぎんざどおり40.0%
ぎんざとほり20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銀座通りの両側の歩道を歩く人の細かな観察の結果からして、一つの統計的の結果をまとめ上げ、それから「平均人」の歩行経路を描き出すことも可能である。
物質群として見た動物群 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
日比谷には公園いまだ成らず銀座通には鉄道馬車の往復せし頃尾張町四角今ライオン珈琲店あるには朝野新聞中央新聞毎日新聞なぞありけり。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
そのつたといふのが、新博品館の今はになつてゐる雜貨店で、狹い銀座通にはまだ鐡道車が通ひ、新車になつたばかりのだつた。