“刷:すり” の例文
“刷:すり”を含む作品の著者(上位)作品数
芥川竜之介3
吉川英治1
宮本百合子1
“刷:すり”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
このすりは色がよくないが、陳列されていた薄暗い隅では騎手の体の線まで活々と見えて私も一寸面白く思いました。
すると其時夕刊の紙面に落ちてゐた外光が、突然電燈の光に変つて、すりの悪い何欄かの活字が意外な位あざやかに私の眼の前へ浮んで来た。
蜜柑 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
するとその時夕刊の紙面に落ちていた外光が、突然電燈の光に変って、すりの悪い何欄かの活字が意外な位あざやかに私の眼の前へ浮んで来た。
蜜柑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
書肆ほんやからは頻々ひんぴんと矢の催促をうけるので、版木彫はんぎぼりすりをひきけている彫兼ほりかね親爺おやじはきょうも、絵師の喜多川春作の家へ来て、画室に坐りこんでいた。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すると其時そのとき夕刊ゆふかん紙面しめんちてゐた外光ぐわいくわうが、突然とつぜん電燈でんとうひかりかはつて、すりわる何欄なにらんかの活字くわつじ意外いぐわいくらゐあざやかわたくしまへうかんでた。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)