“すり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スリ
語句割合
掏摸64.1%
7.2%
6.5%
3.9%
掏賊3.3%
3.3%
攫徒2.6%
掏児2.0%
掬摸1.3%
攫客1.3%
修理0.7%
剪児0.7%
剪兒0.7%
掏兒0.7%
掏模0.7%
0.7%
摸摸0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その開卷に旅客心得として、江湖十二則を掲げてあるが、概して盜賊・放馬欺騙掏摸拐騙偸換等に對する注意に過ぎぬ。
支那人の妥協性と猜疑心 (旧字旧仮名) / 桑原隲蔵(著)
硝子めく明るい霧の底に、四方の風景が白つぽく淀んでゐる。昨夕から引續いて、風は少しも無い。四邊の白さの底に何か暖いほんのりしたものさへ感じられる。
かめれおん日記 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
その時気がついたんだが彼の背広はあちこち切れていて、今日はカラアも着けていなかった。この前は血走っていたが今日の眼は青く澄んでいる。
(新字新仮名) / 梅崎春生(著)
「これが一番大きくって心持がいいでしょう」と云った下女は、津田のために硝子のった戸をがらがらと開けてくれた。中には誰もいなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ことの起原といふのは、醉漢でも、喧嘩でもない、意趣斬でも、竊盜でも、掏賊でもない。ツばかりの可愛いのが迷兒になつた。
迷子 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
書肆からは頻々と矢の催促をうけるので、版木彫をひきけている彫兼親爺はきょうも、絵師の喜多川春作の家へ来て、画室に坐りこんでいた。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大分、もう売って行ってほとんど出盛りのテッペンと思う頃、仕事をしに入り込んでいた攫徒の連中が、ちょうど私たちの店の前で喧嘩を始めた。
掏児に取られたにして届け出よう、そう為ようと考がえた、すると嫌疑が自分にかかり、自分は拘引される、お政と助は拘引中に病死するなど又々浅ましい方に空想が移つる。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
掬摸窃盗……悪事ときたら何でもござれの、デパートみたいな男であったが、これも亡くなった父親に助けられたのを徳として、フッツリと悪の道を絶って
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
さりともらぬミハイル、アウエリヤヌイチは、大得意で、仏蘭西早晩独逸ってしまうだろうとか、モスクワには攫客いとか、見掛ばかりでは、その真価らぬものであるとか。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
鳥羽殿白河殿なども修理せさせひて常にわたりすませ給へど又水無瀬といふ所にえもいはずおもしろき院づくりしてしば/\通ひおはしましつゝ春秋の花もみぢにつけても御心ゆくかぎり世を
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
人山きづくが中にはしきを受けつ、口をしや剪児よ盗人と万人にわめかれし事もありき。
琴の音 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
人山きづくが中に忌はしきを受けつ、口をしや剪兒よ盜人と萬人にわめかれし事もありき。
琴の音 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
次手にとぼけたのがある。江戸掏兒は、下駄がすとくが、唐人だけに穿いてがされて、屋根げられた、とふのがつ。
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
江戸の盗賊や掏模やけいず買いどもが集まる、今日の暗やみ市を機会に、一網打尽、大がかりな手入れをやる気組らしいのであります。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
早春の斜陽がガラス戸越しに差し入り、白い原稿用紙の上に、ガラスの模様を映している。ガラス障子は真中を開いておくので、まだ羽虫の群れが跳ねているのが見えている。
澪標 (新字新仮名) / 外村繁(著)
翌日新聞には、摸摸何人とやらんで、何々まれたとのことをげて、会社不行届攻撃したのがあつた。
検疫と荷物検査 (新字旧仮名) / 杉村楚人冠(著)