“掏模”の読み方と例文
読み方割合
すり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸の盗賊や掏模やけいず買いどもが集まる、今日の暗やみ市を機会に、一網打尽、大がかりな手入れをやる気組らしいのであります。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)