“掏取”の読み方と例文
読み方割合
すりと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
諸君はがモウセンゴケに見惚れた勇美子の黒髪から、その薔薇のある蝦茶のリボン飾を掏取って、総曲輪の横町の黄昏に、これを掌中にんだのを記憶せらるるであろう。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)