“なす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
茄子69.9%
8.7%
那須5.3%
3.4%
2.4%
1.9%
捺摺1.5%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
捺塗0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
被為0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
婆さんが、裏の畑から、味噌汁の中に入れる茄子をもいで、馬小屋の前に出て来た。春からの僂麻質斯で、左には松葉杖をついていた。
駈落 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
実際、二、三本の棒がいかに彼の上で、または下で、はすかいに置かれるかが、そして彼の住む箱にどんな色がられるかが大問題なのだ。
諸君の中には近頃一読せられた人もあろうと思うが、清水文弥翁の『郷土史話』には、野州那須の農村における実験がしてある。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
橋口君が唸りたい一方なら、この中老はりたい一方で、斯ういう会合には落款まで懐中に忍ばせている。に用意周到なものだ。
好人物 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「今朝新聞を見ましたところが、阿父さんが、大怪我をつたと出てをつたので、早速お見舞に参つたのです」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
唇から付いたんなら、もう少しすり付きますが、筒の口は紅が笹色になつてゐるほど付いてるでせう。それは、紅皿から指で筒の口へつたものに相違ありません
全く彼れ自身に特有な思索と観察の力によって、次第々々に鍍金を自分でがして来たに過ぎない。代助はこの鍍金の大半をもって、親爺捺摺り付けたものと信じている。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一 人の妻と成ては其家を能くべし。妻の行ひ悪敷放埒なれば家を破る。万事にしてべからず。衣服飲食も身の分限に随ひ用ひてこと勿れ。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
大切になし候事若き者にはらしくお前樣方も嫁を取るゝならば女郎がしきなどと今は自慢なれば家内しく暮し居たりけり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
段右衞門聲高にしい女め如何樣にべら/\喋舌とも然樣なことは夢にも覺えはれはまアしい阿魔だ女に似合誣言事扨は三五郎のと思ひ違へての惡口ん七人の子をとも女に心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ヸオロンのるこころか
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
そして伊吹山は恰も其等の盟主であるかの如く、頂點のところに白い横雲が捺塗つたやうにやつぱり引懸つてゐる。
湖光島影:琵琶湖めぐり (旧字旧仮名) / 近松秋江(著)
犬は主人の同類がやって来たのを見ると、嬉しがって、少し元気よく吠えて鼻頭りつけるようにした。
幻想 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
か向うには、白銀の一筋に眼を射る高野川をめかして、左右は燃えるるまでに濃く咲いた菜の花をべっとりとり着けた背景には薄紫遠山縹緲のあなたにき出してある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
今より後われ爾曹ず。そは僕は其の主のことを知らざれば也。我さきに爾曹を友と呼べり。我爾曹に我が父より聞きし所のことを尽くしにる。
イエスキリストの友誼 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
……なんだか、なんだか、自分だか他人だか、宛然弁別いほどです——前刻からお被為つたも、其方ではあはあはつてらつしやるのが、種々つて
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「へえ、そのなんでございますか、旦那、その弁護士というやつは出刃打ちの肩を持って、人殺しの罪を女にろうという姦計なんでございますか」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)