“なし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ナシ
語句割合
72.7%
梨子13.6%
2.7%
2.7%
何故1.8%
0.9%
0.9%
雪梨0.9%
亡矣0.9%
0.9%
0.9%
無矣0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
花盛りのの木の下でその弟とも見える上品な男の子と手鞠をついて遊んでいる若い娘の姿に、阿呆の如く口をあいて見とれていた。
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)
きょうの果汁は西洋梨子。在来の日本の果物にはない繊細なかおりである。い時代の人はこういう匂いを薬臭いといって嫌いもしたであろう。
胆石 (新字新仮名) / 中勘助(著)
并べたて大きに骨が折れたで有らう最早是にてお互ひに心に掛る雲もるゝ有樣は大膽不敵の振舞なり盛成は天に勝の道理にて暫時の内は長庵も安樂に世を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其れへ主治医の博士が既に注射を終へた処で、浪子を取巻いて、伯母の加藤夫人、乳母、その他五六人居て、孰れも無言、博士のにより加藤夫人が皆をつれて去る。
(新字旧仮名) / 喜多村緑郎(著)
ぞなし居たり感應院が食事仕果し頃を計り寶澤も油掃除臺所へ入來り下男倶々食事をぞなしぬに一物ある寶澤が院主の方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
がれたれば如何に強膽の者なりとも勿々す事能はず立石が家内三人切殺せし事ども殘らず白状ければ小塚原に於てにこそはれけれ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
たり然るに此時江戸へ出訴の事組頭出府致すべき處種々取込のことあるにより飛脚を村方より立ると云を九助は聞込何卒しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
爲し樣子を承まはり候へば云々なりと申に付千太郎の一時より持出せし五十兩を私し引負金て永のになりし節千太郎へ呉々異見を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「小父さん、巧くいったら、小父さんちの台所へ、雪梨を一籠タダで届けるぜ。おらもおふくろに金を見せてよろこばしてやれるもンなあ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雪梨を買ってもらいに来たんだよ。——今日はいいもあるしさ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今日ではあまり用をなさないので、私もど忘れていたが、今や先生の訃音を聞くと同時に、にかの字書を思い出して、塵埃いて出して見た。父は十年に死んだ。先生も今や亡矣
一日一筆 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
昔風ると桑園野路のやうにして玄關する。四間以前して其古材たものらしくるだけで、風趣いのです。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
次に大中津日子の命は、山邊の別、三枝の別、稻木の別、阿太の別、尾張の國の三野の別、吉備の石の別、許呂母の別、高巣鹿の別、飛鳥の君、牟禮の別等が祖なり。