“悪敷”の読み方と例文
旧字:惡敷
読み方割合
あしく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「廿二日。陰。夜微雨。早朝油川菊重方出立。青森辰巳屋へ一旦著、大病院へ三人之病者頼行。其後往吉屋藤右衛門へ落着。風波悪敷、船不出帆。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
父母寵愛してぬれば、の家に行て心ず気随にて夫にれ、又は舅のければ堪がたく思ひ舅をり、悪敷成て終には追出され恥をさらす。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
其方共わが妻のを疑ふやとて御気色悪敷奥の間へ入給ひけるが、其後も北の方様々に歎きまをされ