“ずれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その職員室真中まんなか大卓子おおテエブル、向側の椅子いすかかった先生は、しま布子ぬのこ小倉こくらはかま、羽織はそでに白墨ずれのあるのを背後うしろの壁に遣放やりぱなしに更紗さらさの裏をよじってぶらり。
朱日記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
文壇ずれごうも無い、謙遜温雅な態度のうちに、一脈鬱々たる覇気があって、人をして容易にれしめないのは、長袖者ちょうしゅうしゃ流でないからである。
日本探偵小説界寸評 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)