“歯刷子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はブラシ66.7%
はぶらし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“歯刷子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
はっとベッドの上から入口を見ると、同じ病棟のマダム丘子が、歯刷子はブラシを持って笑っていた。
僕は町へ出て、生活必需品の買い集めに狂奔する決心になったが、いよいよそこで歯刷子はブラシはじめ二三の品物を買うと、もうあとを買いに歩くのがいやになった。
宇宙尖兵 (新字新仮名) / 海野十三(著)
枕は持つてゐたとはいへ、布団ふとんときたらば影だになく、歯刷子はぶらしくらゐは持つてもゐたが、たつた一冊ある本は、中に何も書いてはなく、時々手にとりその目方、たのしむだけのものだつた。