“歯軋”のいろいろな読み方と例文
旧字:齒軋
読み方割合
はぎし81.8%
はぎしり18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
歯軋りをかんだが、力の相違はぜひもなく、りゅうと、しごきなおしてくる孫兵衛の銀蛇に追われて、タタタタタ……と十歩、二十歩。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがて、歯軋りをはじめ、があと大きなをかきはじめた。気がつくと彦太郎は小高い丘の上に天野久太郎と二人で立っている。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
と法外な雑言を申しますから、恒太郎がえかねて拳骨を固めて立かゝろうと致しますを、清兵衛がみつけましたから、歯軋をしてえて居ります。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それから、右の足の甲で、左の上をって、左の足の甲で右の上を擦って、これでもかと歯軋をした。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)