“幾千歳”の読み方と例文
読み方割合
いくちとせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紀伊樟分づ、境内幾千歳いでしうす。
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
幾足日幾千歳しろしめす。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
とならんは幾千歳
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)