“千歳茶”の読み方と例文
読み方割合
ちとせちゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
粉をふいたような青砥色の地に、くすんだ千歳茶の斜山形がつれの疵みたいに浮きあがっているの。
猪鹿蝶 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
白茶御納戸茶黄柄茶燻茶焦茶媚茶千歳茶などがあり、色をもつ対象のから名附けたものには、鶯茶鶸茶鳶色煤竹色、銀煤色、栗色、栗梅、栗皮茶、丁子茶素海松茶海松茶
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
粉をふいたような青砥色の地に、くすんだ千歳茶の斜山形がつれの疵みたいに浮きあがっているの。
姦(かしまし) (新字新仮名) / 久生十蘭(著)