“千歳米坡”の読み方と例文
読み方割合
ちとせべいは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治廿四年依田学海翁が、男女混合の演劇をくわだてた時に、彼女は千歳米坡や、市川九女八守住月華と共に女軍として活動を共にしようとせ参じた。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
このとき芳町の芸者米八が千歳米坡と名乗って伊井蓉峰と共に吾妻座で新派の旗揚げ、新しい女優のともいうべきもの。ところが大きに不評判で客はガラガラ。
明治世相百話 (新字新仮名) / 山本笑月(著)
水野好美も画筆をなげうって参加した。女形はほんとうの女優でなければいけないという学海居士の意見で、千歳米坡が出演することになった。市川粂八守住月華という名で加入した。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)