“幾千里”の読み方と例文
読み方割合
いくせんり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其の向うは、の泳ぐ、可恐大河よ。……水上幾千里だか分らない、天竺のね、流沙河だとさ、河幅が三里の上、深さは何百尋か分りません。
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それより二隻んで、海原幾千里て、芙蓉朝日の、壯快なる想像き、れては、海風かなる艦橋のほとり、濱島武文春枝夫人等つて
「べらぼうめ、飛越したぐらゐの、ちよろだ、また飛返るに仔細はあるめえ。」と、いきつて見返すと、こはいかに、渺々たる大河つて、幾千里なるやず。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)