“一瀉千里”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いっしゃせんり90.0%
いつしやせんり10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
改革は一瀉千里の勢を以て進めり。ての障碍を打破りて進めり。抵抗者は罰せられ、異論者はけられ、不熱心者は遠ざけらる。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
不破から西は、一瀉千里の行軍だった。この日すでに、足利軍五千は、湖畔の野洲の大原をえんえんと急いでいた。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昭和二年大噴火をなしたときも噴火口から鎔岩が、溪水れのように一瀉千里つたのである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)