“一里”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちり60.0%
ひとさと40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は房州の鼻をって向う側へ出ました。我々は暑い日にられながら、苦しい思いをして、上総のそこ一里されながら、うんうん歩きました。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
が、製法を知る者は日本に無いので、彼は居城高山一里の処へに捕虜収容所を設けて、ここに百人の蒙古兵を養い、彼等に命じて異国の礮を作らせようと企てた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
……この大痘痕ものの顔が一つ天井から抜出したとなると、可恐さのために一里滅びようと言ったありさまなんです。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に取っては、花のその一里が、所謂、雲井桜の仙境であった。たとえば大空なるの霞に乗って、あまつさえその美しいぬしをたのであるから。
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)