“一里半”の読み方と例文
読み方割合
いちりはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
阿蘇日本活火山中であらう。國有鐵道宮地線坊中驛宮地驛から緩勾配斜面ること一里半ぐらゐで山頂することが出來る。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
奥州白石城下より一里半に、才川あり。才川町末に、高福寺といふあり。
甲冑堂 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
にのみ一團があつて、丁度天幕のやうに、數百間四方規則正しくんで奇妙つたりして、一里半んだと一個た。